少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

補充完了しました!

補充完了しましたので報告します。('◇')ゞ

一の蔵
浦霞

以上。
これ以上はかさばるので、持って帰れませんでした。
(えと…これとは別に「ビンに入ったたまご酒」があったので、
それもあわせてキアイで持って帰りましたけどw
「カスタードプリンのような」なんて書いてあったので興味津々です)



というわけで、出張から帰ってきました。

初の東北! 仙台!! 杜の都!!!

って感じです。

…お久しぶりの記事で、しかもネオスチと関係が無いとは……。
ここのところInできてませんから、仕方ないですよね。ね?ね??(@@


…まぁ、たまにはネオスチ以外のことも書いてもいいかなあと思ったわけです。
今年のお正月ぶりですか。


そんなわけで、番外編…… 会社の経費を使った観光旅行 出張の報告です。


仕事をちゃちゃっと終わらせて、
その晩、東北の営業さんに連れて行ってもらったのは、
もちろん
「牛たん」のお店!

繁華街は、どこを見ても牛たん屋。
ちょっと待て。
牛たんって1頭に1つしか無いんでしょ?

いったいどれだけの…(コホン


そんなわけで、日本中の牛たんが集まっていそうな仙台の街です。(言いすぎ

早速1軒のお店に突撃&牛たん料理ヅクシ。
牛たんの包(パオ)シチュー、おいしいいい!!(@@
牛たんの塩焼き、オイシイイイイイイ!!ヾ(>▽<)ゞ
牛たんの味噌焼き、美味しいいいいいいい!!(;;
牛たんの刺身、おいしぃぃぃぃいぃぃ!!!!!(TT


地酒もってこおおおおおおおおい!
アハハハハハハ~~~ヾ(@^▽^@)ノ



後略





さて、翌日。

翌日が日曜日ということもあって、わざわざ後泊にした私。
飛行機の時間までは自由時間。
お楽しみの一人旅モードです。


昨夜はNHKの「さだまさしがTVなのにDJしてるっぽい番組」を横目で見ながら、
ホテルのカウンタに置いてあったガイドブックとにらめっこしたあげく、
「青葉城ってどこだああああああ」状態だったのですが、
朝あらためてガイドブックを眺めると
仙台の有名どころをクルクル廻っているというループバスを発見。
これ見つけなかったら、たぶん迷子だったでしょう。^^;
1日乗り放題で600円。これもウレシイ。

さすがは朝だわ。みなさんも受験勉強は朝しましょう。^^b


おかげさまで寝覚めはすっきり。天気は良好。
(風はすごかったけど)


もうばっちりです。


かわいい小型のループバスが到着。
観光案内のアナウンスを聞きながら、仙台駅から青葉通りを進んでいきます。

まずは伊達政宗のお墓、「瑞鳳殿」。
強い風は杜が止めてくれて、その代わり心地よい木々の音に変わっていきます。
静謐な杜の中、木々が風に揺れる枝葉の音だけが聞こえます。
なんだか風が強くてよかったなあと思ったり。^^

木々の間を上っていく急な石段の途中、ちょっと足を止めて巨木に触れます。
私は巨木に触れるのが好きなんですよね。
木の気をもらおうと思ってなんですが。^^

煌びやかだけど厳かな瑞鳳殿を眺めていると傍に並ぶ石塔が目に入ります。
殿の葬儀を前に、あの世までお供するために殉死した家来達だと知って、
その行為とその数に驚きました。
私利私欲のことでなく、純粋に想ってのことなら…
何万人もの人が居るこの世界で、そんな人と出会えたなんて幸せなことだなぁ、なんて思うのでした。


資料館に入って、伊達政宗の血液型がB型だったのかとか、
庶民場慣れした顔立ちだったのかとか、
その割りに背は低かったのかとかもよかったのですが、
一番印象に残ったのは杜の中の木々の音でした。
ほぅっと気がつけば予定を大幅に過ぎてのんびりしてたくらいです。

今度から休みの日は、こういうのもいいなあ。


次は、青葉城址。
有名な伊達政宗の銅像と仙台の街を眺めるのが目的です。

これまた、眺めのよい街をぼぅぅぅっと見わたして。
風が強い代わりに雲も少なくて綺麗な青空。
向こうは薄青い海。あちらは山並み。山の端には少し白い雪をかぶっています。
それらを背景に街が広がっています。
大都会と違って高いビルがまばらですが、それがまた逆にいい感じ。

全く知りませんでしたが、神社がありました。
青葉城限定のお守り「勝守」を購入。
政宗の陣羽織型で、色々なものに「勝つ」ご利益があるそうです。
その強い攻め姿勢のご利益を気に入って、買ってしまいました。

「かないますように」っていう「お願い」ではなくて、
「私が勝ち取る」っていうイメージがして、
神様任せじゃない感じがイイじゃないですか?(わたしだけ?

そしてここも思った以上にのんびりしすぎて、次のバスを突風の中で待つはめに。

あとは仙台四郎を見に行って、冷麺を食べるために商店街に…行く暇ないし。orz
あーー、東北大学の博物館も見たかったんですよねえ……。

まあ、仕方が無いです。
この2箇所に関してはせかせかせずに、思うように廻ろうと思っていたところなので。
ルート順がこの2つが先で、ある意味ラッキーでした。

仙台駅に戻って、お土産チェック。
毎度のことですが、
みんなのお土産に使うお金が一番の出費になるという……w

と、いうわけで…萩の月、くるみゆべし、牛たん、そして…上に書いた2本と、
その他もろもろを抱えて、飛行機に乗り込んだのでした。
(ゲートできっちり液体の中身を聞かれましたよ……チェック厳しくなったなあ)


ネオスチとは全く関係ない仙台旅行記となった今回。
また、旅行のために「瑞鳳殿」で検索して、
ここに来てしまう迷子がいるのかもなあと思ったり。
お疲れ様でした。
ここは、あるネットゲームのよっぱブログでございます。
仙台の旅行情報はありません。あしからず。m(__)m




ふと。
どうでもいいことですが、
「牛タン」って…「牛たん」って書くと「わんたん」「とらたん」に続くナニカっぽく見えますねぇ。(ほんとどうでもいい
関連記事
なんでも | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<コレガ私ノ生キル道 | HOME | イメージです……か??>>

この記事のコメント

母方の実家が宮城にあるので、牛タンは帰省のたびに食べてたりします。もっぱら駅弁ですが。


萩の月やくるみゆべしもいいですが、
ずんだ餅(枝豆の餡を使ったお餅)も美味しいですよ、と言ってみたり。
・・・はい、どうでもいいですね。
2007-03-20 Tue 01:50 | URL | Tigerauge [ 編集]
牛たんは、店によって味が違うので楽しかったです。

駅ビルのお土産コーナーを覗いていると、どんどん味見を勧められて…しかもあちこちで。
とどめにお酒屋さんで、味見させてもらったら、これまたどんどんいろんなの味見させてくれて……。

お昼ごはん食べずに、結構おなかふくれて、しかもいい感じにお酒がまわるという、かなりオバカなことになっていました。w

ずんだ餅、買うの悩んでたんですよねえ。
なんだか青臭そうで。
本場のは違うのかな。
しまったなー、本場のかっておけばよかった^^;

まー代わりに「仙台四郎ストラップ」買っちゃいましたけど。←代わりになってない
2007-03-20 Tue 21:18 | URL | クレシェンド [ 編集]
出張お疲れ様でした。
仙台に来たのですか~
実は私は岩手人なのですぐ近くだったのですよ^^
連絡くれればお土産を渡しに行ったのに(ぇ
(どこに連絡するんだ?という話ではありますけどw)

お土産は、自分が食べるためのものならその地域限定もしくは名産のものがいいですよ。
人にあげるなら名産でみんなが良く知るようなものが無難ではありますがw

仙台にはよくいくけど、観光はしたことなかったなぁ。
楽しんだようで地元ではないけど同じ東北ということで嬉しい限りですよ。
2007-03-20 Tue 22:39 | URL | リュウィス(Lewis) [ 編集]
おひさしぶりですねーーーー!!!!

おみやげですかー
おしかったなあ、って近くっていっても隣の県じゃないですかww

人にあげるように「萩の月」です^^v
自分がたべるのは、浦霞!!(お酒じゃん

牛たん配るほど、リッチじゃないのです^^;


そうなんですよねえ、お土産選ぶのが一番大変だったりします。
あれもこれもと思っていると、
気が付けばお財布の中身が想定外に少なくなるし、時間はかかるしw
りゅうさんの目安を参考にして、
お土産選びの時間を減らそう。。。うん。


仙台はもう、ほんと楽しかったですよ。

なんかね、空気が違う感じです。
街行く人の会話も違うんですよねえ。
今まで、日本の南方向には何度か行ったのですが、
北方向は東京よりも先に行ったことがなかったので、新鮮でした。

なんだか会話も穏やかな感じで、いいところでしたねー。^^

そうそう。
驚いたことといえば、仙台駅前の駐車場。
1泊300円というのはかなりのビックリでした!!

さーて、次の出張はいつかなあw
2007-03-21 Wed 16:58 | URL | クレシェンド [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |