少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バレンタインププ捕獲作戦の件

班長クレシェンドです。

本日の報告は、先週行いました看護班の公開訓練に関してです。

今まで班員同士の自由訓練はありましたが、まとまった全体訓練はしてはおりませんでした。
おかげさまで班員が増えてきたこともあり、あらためて相互のコミュニケーションを促進するためにも、
またギルド外の方々とも交流を深めるという 地方公務員組織のイベントテーマのような 大切なテーマもあって、実施いたしました。


新規で入隊した班員も含め、まだまだ強敵の中には入っていくことができない参加者のためにも
皆が楽しめ、協力できるものをと考えた結果、敵国探索計画を立てみました。

看護班らしく、力で解決しない ひねくれた 平和的な計画です。

模擬訓練ということで、状況設定も決めることにします。

敵国に行きたいがために多少無理な設定をこじつけます。 多少緊迫感のある設定にします。
設定を見直すと 看護班が悪役じみてはいますが 破綻がないものと思われます。


大きなところは目をつぶりましょう。


訓練当日。集まっていただいた班員、一般参加者合わせて18名ほどになりました。

集合



できるだけスムースに準備を進めるために、すぐさまチーム分けを行います。
適当に縦列を作ってもらい、横方向に順々にチームに割り振っていく方法をとってみます。
とっさに考えたパーティ分け方法でしたが、いかがなものだったのでしょうか。

皆さまのご協力もあり、スムースに集合とチーム分けが終わり、結果3チームに分かれました。

開始の合図とともに一斉に敵国へ。


敵国到着時に、見覚えのある名前が。

敵国へ


以前わざわざ単身で城まで来てくれた生き別れの妹です。 あいかわらず、神秘国メイン侵攻基地に単身立っている恐れ知らずです。


しかしながら…やっぱり私が年上なんですね……orz

嬉しくてパーティ会話をしようと思う私ですが、Cチームの末席のため、パーティ名を変更できる権利がなく、パーティ会話ができません。
敵国でのパーティ解除は へっぽこで、みんなとすぐにはぐれるため、 一瞬たりとも行うべきではありません。

言葉にできないナニカを伝えることしかできないのです。


わざわざありがとう、妹よ。
私は行きます、 マジックツールが欲しいので。
出会ってすぐにお別れです。泣く泣く 大急ぎで 敵国探索のため走り去ります。


おひさ^^


私達の姿を見た方から、何をしているのか尋ねられます。

敵国にいるバレンタインぷぷを狩り、マジックツールの数を競う今回の計画。形を変えた敵国資源泥棒です。


「ひでぇ」

その方のセリフでした。目の前の利のためには、少々の非難は付きものです


開始!


気を取り直して とにかくぷぷがいそうな場所を探します。

敵国の内情を知らないため、どこにぷぷがいそうなのかもわかりません。

何度かライバルのチームメンバーがすれ違います。
「そっちには敵がいるから危ないよ」
親切にも教えてもらえたため、別の地域に向かいます。
早速我がチームにも伝える私。

あとで聞くと私を遠ざけるための作戦だったそうです。わが班員ながら、こしゃくなマネを。

全体連絡で「ププいねぇぇぇぇ」と言う別チームメンバー。
別チームにいる班員もププがいないと言っているものがいます。

だまされる


まにうける


彼女たちのチームは、我がチームより圧倒的に稼いでいました。
だまされました。



何人かの敵国人との遭遇もあり、なんとか 逃げまわって 平和的に解決しておりましたが、
別チームからなんども突撃してくる敵国人がいるとの報告が。

きっと…



セーラー服と機関銃殿の別キャラクターにプクと名の付く方がおられます。
今回は参加できないと言ってられましたが……なるほど、別キャラで楽しませてくれているようです。
うちの班員は、いい意味で芸人が多いようです。(><b

そして、注意すべきはSchneidar殿のセリフ。
今思えば、かく乱作戦として、わざとだったのかもしれません。
情け容赦のない班員どもです。



あやうく…


気がつけばマップを見ずに城に突撃しそうになるなど、いつのまにやら私も真剣になっています。 すでに主催者の立場を忘れています。


全体チャットで応援してくれる方もおられて、 内心大喜びの私。 いっそう気を引き締める私。

例によって、 そのときの記録を撮り忘れたことが残念です。



制限時間の1時間は少し長いかなと思っていましたが、いかがでしたでしょうか。
私としましては、ちょうどいいくらいではなかったかなと思っております。


終了時間となり、自国に戻りました。
集めたマジックツールの数を確認すると、我がチームは最下位の3位。 ププ狩りの効率だけでなく、かく乱作戦も練るべきでした。

1位のチームとは、なんと倍ほども違っていました。 ……いいんですよ。主催者が勝つとイメージ悪いですからね!…………orz

結果、ツールの数は1時間ほどで3チーム合計200個。
1位のチームの方々には、賞品含め一人当たり15、6個はツールが行き渡っていると思います。

おめでとう




発表も終わり、終了の宣言をしようとしたところ突然に「ちょっとまったああああああ」と割り込みが入りました。

気がつけば、壇上の私よりもさらに高い場所に立つ人影。

なぜかヒーロー?



当班員のセーラー服と機関銃殿でした。
本日のために準備していた別キャラの敵国人「バレンタインぷく」を一番倒した人を特別賞とするとのこと。
さらにサプライズでした。
本日参加できないというのは、そういう意味だったんです。 何とか探し出して、倒しておくべきでした。

”ぷく”退治は、班員以外の方がトップ賞。 班員が取ってなくてよかった(^^;


ドラムロール



こんなおまけをひそかに用意してくれていたとは、全く知りませんでした。
敵をだますには、まず味方から。 人を驚かすには、まず仲間から。

悪役っぽい 割り込みタイミングも絶妙でした。


それにしても、生き別れの妹といい、ボーナス 敵国人といい、
みなさんサプライズ好きといいますか、よくこんなこと考えてくれるなあと
嬉しくなります。

他の班員も普段からチャットで色々お話してくれたり、狩場に呼んでくれたりと
勇気出してギルドを結成して本当によかったとつくづく思っています。


ちょっと間違えた


ご参加いただいた皆様からの声も嬉しく、
次の訓練は何にしようかなあと早くも考えている次第です。


ばれた^^;


ちょっとだけです(><
関連記事
【ネットゲーム】ネオスチーム・初代突撃救命看護班の想い出断片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ギルドマッチングイベントでした。 | HOME | イベント続報と内容案内>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。