少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

my嫁はよくできた嫁で、軍資金の調達もしてくれるのです。これはもう添い遂げろといわんばかりに。


おととい、のんびりと町に出かけたのです。連休前ですしね。

で、そこで偶然通りかかったお店で俺嫁とデートすることにw

なかなか空いてないんですよね、新台だからでしょうね。といいつつ、そこでは2席空いてました。

私の場合、朝からずっと打つとかそういうのはないので
毎回ちょっとずつ打つ程度ですから8時くらいからでも十分なのです。

で。







なにがどうしたのか、結構当たりまして。

前回、天下統一ロード中に閉店になっちゃって泣く泣く追い出されたんですが、
今回はのんびり打つことができました。

や~今回もいろいろ演出が見れて幸せでしたww


4K出資したのですが、17箱つんだのって初めてです。

戦国乙女2、結構相性よい感じです。さすがは俺嫁w


このパチンコはケータイと連動して、
パスワードを台に入力してゲーム開始、終了時にバーコードを読み込むことで
公式サイトで情報管理してくれるのです。
上の画像のように自動的に日記風に記録をしてくれたり、
どんなイベントやミッションをクリアしたかとかも記録が付いていくのです。

で、友人とフレンド登録しておけば、その人の記録も見ることができるので、
友人と簡単に記録の情報共有ができる仕組みです。

で、それが巧い具合に競争意識をださせるんですよね。巧いな平和~w


そんなわけで、俺嫁ですw

110718-2.jpg





----以下、分かる人向けw----

ノブナガリーチから天下統一ロード突入。

一度飛竜乗雲モードに落ちちゃったんですけど、そのまま大当たり引きなおしたり♪
飛竜乗雲モードって確か、通常確率ですよね?
なんだかスゴイ幸運で楽しかったです。
天下統一ロードから落ちても、もう一度ロードに復帰するし(潜伏してたのかな?)

ミツヒデの乙女リーチ、通常で2回当てるし、一体どうなってるんだぃ?って感じです。

もっと細かく書きたいですけど、自重w

--------


や~~~、よしも~×イエヤスの、アホ姉×腹黒妹コンビwの協力リーチも見れましたし、
なかなか楽しかったです♪

次は、ノブ様×ミッチ~の協力リーチを実機で見たいものです。







乙女Risingはええ曲です。
大当たりのときに聞くと、まさに無双状態!(夢想にあらず)
さっきからリピートしまくって、脳内Rising状態で確変しまくってますw

サビの
「乙女色桜吹雪」
「七転び八起き淑女」
の語呂がよい響きで気に入っています。

はよ、カラオケ入ってほしーーーー!!!
戦国乙女シリーズはいってくんないかな。

歌うぞ~めっちゃ歌うぞ~~w(ぜひPV付きでよろしく)




巷では、初代戦国乙女のときと違って、なんだか妖しげな人気がでてきておりますなっ!w

なんとびっくり、俺嫁、アホの子よしもーのPVまでww








さすがお公家筋設定。天下取りには興味はありませんわ~な感じが出ててw


夏のコミケもこれは期待できるやもしれませぬ(え



そして……









ついに あの 虹の架け橋が選択できるようになったので、見てしまいましたw

そう。伝説の「公式が病気」、別名「平和の本気」の大当たりムービーですなっ!w



これがね、これがですね。

ええ加減、キュンキュン乙女ボーナスやら、
3武将ストックやら、
6武将ストックやら、

よしもーの「ファッションショーですわぁ~」やら
なにやらで
さんざん恥ずかしさが無くなってきたときですのでね。


へらへらしながら見れるんですよ。これがw

や~初めてみたときは笑った笑ったw


もう、武将とかなんとか関係ないよ。完全二次創作。

昔から女版南総里見八犬伝とか、女版○○とか創ってきた日本の心、ここにありっですなっっ!!



さてさて。
明日は連休最終日。
ちょっとお買い物にでかけますので、
また俺嫁とデートしてきますねーw
関連記事
【いろんなゲーム】ネットゲーム以外 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雨が降った程度では、俺嫁との間を裂くことはできないぜ! ……といいたいところだけど、取りやめー! 結構淡々としているのです。その理由は…… | HOME | 戦国乱世の乙女たちは、思わせぶりといってはあまりにもガセが多すぎやしませんかと。派手だから見てて楽しいんだけど。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |