少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

突撃救命看護班のこと

さて。
突撃救命看護班のことです。

ギルドのメンバーを募集するにあたって、みんなに私の想いをちゃんとお話していないことに気がつきました。(メンバーの方々。そんなのに入ってくれて、有難うございますm(__)m

これからつらつらと書くことは現時点での想いです。
正直に言うと、今後、その想いが変わっていくことになるかもしれません。
あらかじめ、ご了承お願いします。m(__)m

まずは、ギルドを作りましたクレシェンドです。
仕事をしているため、あまり長時間Inできないことや
Inしてもおしゃべりやサポートが好きなため、レベル上げやお金稼ぎが遅いです。
その点、あらかじめご了承下さい。申し訳ありません。
ギルドを作るのは初めてですし、頼りないとは思いますが、
一緒にこの一風変わった専門ギルドを盛り上げていただければ、本当にありがたく思います。


さて、最初のギルド設立動機は、このゲームでのソロPTの多さでした。
戦闘以外に日常を楽しむ要素の少ないゲームということから、ギルドに入っていないとソロPTで会話もない毎日。
ギルドに入ってみたものの、レベル差の違いから一緒に狩りすることも少なく、
同じ成長ペースのメンバーくらいにしか会うこともなく、ギルドはほとんどチャットだけでやっぱりソロPT。^^;

仲間の支援をしたくて始めたヒーラーですが、不完全燃焼な気持ちでした。
加えて、(当時は)私の周りにサーマナーも少なく、サーマナー情報もなく、完全な自己流ヒーラーとなって寂しかったのです。(今はルナ効果か、サーマナー増えましたね。ギルドに必ずサーマナーがいると、このギルドの存在が…^^;

またソロPTだと、ついつい効率を重視されてしまい、おしゃべりや冒険は敬遠されてしまいます。
ヒマなときのおしゃべりギルドで、メンバー同志でのPTは、冒険やお遊び。
それなら、こういうギルドもありなんじゃないかなと思ったのが始まりでした。

レベル差によっては、話すネタも噛み合わないけれど、同じ職系なら初心者もネタがつくれる。
ソロ前提でもかまわない。もちろんレベルが違っていてもかまわない。

メインで入ってくれる人は、ギルチャで盛り上がろう。
要請を受けたら、都合のよい有志は自分を必要としてくれていると思って、駆けつけよう。

サブで登録してくれる人は、危機の時には外部委託の有志として駆けつけて欲しい。
サブの人たちのギルドでヒーラーが足りないとき、看護班の有志が合流する。(友人同士になれるといいですね^^)
逆もまた。

そんな想いからです。

だから、
このギルドは、ギルド内だけのつながりだけでなく、実は外部とのつながりも大切になると思います。

突救看護班の看板を背負っているときは、できる限り、周りの人を元気にしてください。
そして、班員同士ヘルプがあれば、都合のよい有志が駆けつけてください。そして、そこで出会った人と仲良くなってください。
そしてまた看護班のメンバーを呼んでください。
それが、このギルドを盛りたてる力になると思っています。

メンバーは、突撃救命看護班の看板で誇りが持てる。
他の人たちには、突撃救命看護班が来てくれたからには、助かる。

そんな思いをしてもらえるのが、夢です。



長くなりましたが、根本に思うことは、
みんな、楽しんで喜んでもらいたいということです。
そんなきれい事ですが、そんな夢を見てみたいと思います。

回復支援職の意見交換や情報交換。装備品の手助けなど、
同士は仲間!! という気持ちで、
ときにはマッタリ、ときにはアツク、みんなと自分を楽しませましょう^^
レベル不問で初心者も歓迎したいというのは、その辺りにあります。


こんな
ネオスチというゲームの内容からは、
一風変わった専門職業ギルドですが、
宜しくお願い致します。
関連記事
【ネットゲーム】ネオスチーム・初代突撃救命看護班の想い出断片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<看護班としての心得みたいなもの | HOME | 部下つきの敵をソロで倒してみよう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |