少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

敵国潜入作戦の件

班長クレシェンドです。

先日、敵国潜入してまいりました。敵国の要人を倒す依頼のためです。私にとっては3回目の潜入です。そのうち1回は侵攻基地の出口で追い返されました
あむあむ殿に誘っていただいて、大喜びでしっぽ振って後ろからついていきました。謹んでお手伝いに行ってまいりました。

遅くなりましたが、もうめ~いっぱい楽しかったので非常に有意義でしたので、報告いたします。
潜入メンバーは、あむあむ殿をはじめ各ギルドを超えた混成チームです。
まずは#2の平行世界に移動します。

早速、要人暗殺ですが非常に順調です。

スクミズ海岸

走る道沿いに全く人影がありません。侵攻基地から目指す拠点まで、敵国人ひとりに会うこともなく到着します。

なんだか廃墟感をひどく感じます。
神秘国も人がいない場所は多いのですが、私の感じるところ「さびしく」はありますが、「かなしさ」はありません。
思うに、神秘国は自然が中心のため、山の中や森、砂漠を走ります。森の中や砂漠は人がいなくても違和感はありません。
かわって技術国はある程度道が整備されている雰囲気や、建造物が点々としているところから、人がいないと余計廃墟のように感じるのかもしれません。
と、いろいろ書かないと間が持たないくらい、何もありませんでした

アクシデントと言えば、メンバーのおひとりがエラー落ちされたことでしょうか。
敵国で死んだ場合はセーブポイントに戻れますが、ログアウトまでしてしまうと自国まで戻ってしまいます。
技術国に来られたことを確認してパーティに招待しなおし、PTリコールで呼び戻します。
敵国内でエラーで落ちると、がくっとやる気が落ちます。開発の人、なんとかしてください

PTリコールは地味に便利アイテムです。
別の国や、クエストでどこかへ飛んでしまった先には呼び寄せることはできませんが、
遠距離狩場に誘ってから”お迎え付き”と称して皆を呼び寄せることや、
ビコンに渡して、ハイドで奥に潜入してもらい、あとから呼んでもらうなども可能です。だれか連れて行ってください
突救看護班の固定依頼主などができた暁には、あらかじめお渡ししておいて
呼び出しスイッチとして押してもらえば即、参上って……イイナア←妄想中。ナースコールのような緊急対応もできます。


あまりの穏やかな雰囲気に、城に遠征し潜入してみようということになりました。
ちなみに、あむあむ殿が大きな羽杖をくるくる回しながら走るので、遠くからでも目立つ目立つ


城に到着です。

お城

驚いたことに、国内の印象とは違って、城内は非常にお洒落な雰囲気です。人の少なさもあってか、静かな欧風イベントパークのような町並みです。

おしゃれみち

BGMもお洒落な雰囲気で、この城下街とBGMを奪い取れるとかなら、戦争めいっぱい頑張りますよ敵国ながらホームタウンにしたいと思うほどでした。
実際見るまでは、もっと機械機械していて、ススと煙と鉄と汚水の産業革命のようなイメージでした。

やれー
入り口の警備兵。
両脇の兵士は攻撃してくるのですが、隊長風の人物は無視を決め込んでいるようで、こちらに手を出してきません。隊長への買収は成功しているようです。

この時点で、ついに数人が駆けつけてきます。
攻撃を仕掛けてくるわけでなく、じっとしています。
こちらの様子を伺っているようで、なかなかドキドキな感覚で楽しいです。緊張感が高まってきます。

その後数回攻撃を受けましたが、無事生き延びることができました。
例によって、画像は取り忘れています

広場に進み、好き放題する神秘国人。街の中を視察します。
ひろば


資源どろぼう
敵国のスチーム充填器です。ためしに使用してみると神秘国人でも補充ができます。さっそく資源泥棒してきました。

倉庫の女性が、めがね美人です。
おねえさん

服装に関しては、個人的に神秘国の方がスマートで好みです。


観光記念

記念撮影をします。撮影者がへたっぴなので、なにがなんだか分からないSSです。

あなたは…2

ブリックスがいます。どこかで会ったことのある名前ですが、彼は敵国で一体何をしているんでしょうか。

そういえば、城外にいた彼。
あなたは…

彼もどこかで会った名前です。スパイですか…やるな、神秘国(><)b

あなたは…3

さらに見覚えのある名前の方がいます。
最近見かけないと思ったら、こんなところに亡命していました。


座ったり和んだりうろうろと散歩しているうちに、本格的に防衛チームが集まってきました。

私は狙われやすいため、ターゲットされにくいように常に走り回ります。
ギルガムが後ろからドタドタのんびりついてきますし、なにしろ私自身いちどターゲットされていたら意味はないのですが、しないよりは良いだろうと走り続けます。

と、背後から襲われて死んでしまいました。
攻撃され始めたら、逃げても無駄なのでしょうか。数回攻撃を受け、倒れました。
ヒーラーとしては、思い切って動かずにギルガムに徹底的にヒールし続ける方が良いのでしょうか。

復活と同時にエラーが出たため、落ちてしまいました。
再度ログインしてみるもPTチャットも途切れたため、皆さんの状況がわかりません。

まずは城近くの侵攻基地まで気球で移動し、様子見の耳打ちをします。
どうやら負けた模様です。早速リベンジのため、PTリコールで強制的に全員呼び寄せます。

再び城に潜入。そして、先ほどのチームと再度対戦。

このとき、「ムーニャで私を眠らせる」→「ギルガムをゆっくり倒す」→「私をゆっくり倒す」という連続攻撃を受けました。

思うに非常に対応に困る攻撃でした。私にはこの対抗策が思いつきません。

どなたかよい策をお教え下さい。


有意義な潜入活動でした。やあああああ、たのしかったあああああああああ!!

あむあむ殿、ご一緒いただいた方々、ほんとに有難うございました。おかげで、よい思い出ができました。

この報告のアップロード、ミスってましたよ……どこまでへっぽこなんだ……orz
関連記事
【ネットゲーム】ネオスチーム・初代突撃救命看護班の想い出断片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<衣装実装、Here We Go! | HOME | ビームとねずみとSSと。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |