少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

本日の注目記事


零細ゲームパブリッシャ、「はんぶんとイビキ、たす」は、このたび新作MMORPG『ねこストーブ』の開発を始めたことを明らかにした。

同社にとって初のMMORPGのタイトルとして挙げられた同ゲームは、
電気の代わりに蒸気のエネルギーを利用する異世界文明、”スチームパンク”の世界観を持っている。
魔法と蒸気エネルギーが融合した独特の世界観の中でプレイヤーは”ねこ”となり、互いにRvRと呼ばれる戦争を通して
その世界のエネルギー元である”ストーブ”を奪い合うというもの。

同社の開発チームリーダーであるWoo samui氏は、「『ねこストーブ』は、動画投稿サイトで話題となった『猫鍋』を見てピンときて企画書を固めた。
独特な世界観と直感的なゲーム目的、深層心理的にも生理的欲求にも訴える画面演出で、日本のゲームファンにも広く受け入れられるはずだ。
かつてない”ねこ”と”ストーブ”の融合を味わってもらいたい。順調にいけば、6月頃にはオープンβを開始することができるだろう」と語っている。




”スチームパンク”といえば、すでにHUE社の『ネオスチーム』が日本で開始されている。
スチームパンクというジャンルや似たようなタイトル名から多少の意識はあったのかとの問いに同氏は、
「『ねこストーブ』はまったくのオリジナリティあるクリエイティブな発想から生まれたもの。偶然であり、マネなどではない。第一、ストーブから蒸気を結びつけるのなど、誰にでも考え付くこと」と独自視点でのオリジナリティを強調した。


続けて、「ネオスチームはクライアントが重いと聞いている。ある程度のスペックのパソコンでも動きがにぶい、落ちるという話だ。
『ねこストーブ』は軽さを追求して、一画面のみだ。クライアントの重さに不満を持っているユーザーを取り込んでいきたい」と意欲を語った。

一部のユーザーからは「ねこのそばにストーブの組み合わせとは……。遅いどころかまったく動く気がしない」「想像はつくが、画面の動きがみえない」「いろいろと間違っている」などという声が聞かれ、
オープンβ開始時期に関しても「これから夏というときにストーブとは」とその独特な動向を注目されている。

また、『猫鍋』が鍋の中にねこが入ってるイメージから、同ゲームがストーブの中にねこを放り込むものだという勘違いをした動物愛護団体から
事務所の中に得体の知れない液体を投げ込まれるなどの事件もおきている。



制作発表の会見時に、同ゲームのイメージキャラクターとして「ひらはらミミ」も発表された。

イメージキャラクター「ひらはらミミ」

イメージショットを手にしたWoo氏からは「長い耳が特徴の『ねこ』をモチーフとしている」との説明がなされた。
ネオスチームの「平原ププ」との関連性を質問されると「あちらは『へいげんププ』でしょう? 名前からしてまったく別物」とその違いを強調していた。


いろいろな意味で緊張感のあるタイトルの登場だ。







----------

例の日ですので、ふと思いついて、うそンこ記事を書いてみようと思いましたが、難しいものですねー。
微妙に遅刻してるし。(^^;
ちゃんと画像とかも含めて、ネタの仕込みをすればよかった(オイ

でも、書いてておもしろかったーw
もちょっとイロイロかいてみて、練習してみようかな。もっと洗練させたい。(え

うん。いろいろと間違ってるとは思うw



正直、ひらはらはまずい? 笑って許してもらえるかな? まずかったらご連絡ください、外します。って誰から連絡来るんだろう……。

元ネタは、公式のイラストレーターだった李KPAさんからです。
以下、該当記事。
http://ns.clubhanbit.jp/community/cafe/2006/10/05-1300.asp

こんなことしたけど、ほんと李さんのブログはよかったなあ。
帰ってきて欲しいな。あの時ばなしになっちゃうけど、活き活きしてたなあ。
数あるMMORPGの公式サイトの企画の中でも
あんなに「なにかしようとしてくれている」ブログ、イラストレーターっていないんじゃないかなって思います。
プレイヤー側から見ても何かやってくれるかもしれないっていう気持ちが起きて、じゃあ私もナニカしてみよう!って気持ちにもなれます。
私は李さんのブログを見て、こんなの出てきたらいいなーーーーって、ドキドキしていたクチでしたw




さて。気を取り直して。
ネットの世界でもエイプリルフールの企画がたくさんありますね。
先日の記事のイソプレスもそうですが、たくさんうそンこ企画が盛りだくさんです。
おヒマな方は、以下のリンクから楽しんでみてくださいな。
http://internet.watch.impress.co.jp/static/link/2008/04/01/


……CABAL。楽しそうでいいなあ……。こういうのネオスチにはないよね……。

関連記事
なんでも | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<近況 | HOME | おきにいり事情-第4弾- (--☆キラン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |