少し長めのクレシェンド ~転調!

オンラインゲームのギルドマスターのつれづれ日記?だったものの、リアル事情でうにゃうにゃだらだらした結果卒業しちゃって、次のゲームを始めるまで自分の好きなモノを好きに書いてしまえという輪をかけてつれづれちっくになったブログです。ただいま魂のリハビリ中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プレイヤーイベントRvRの件

班長クレシェンドです。

昨晩行われたプレイヤー主催RvRイベント。
今回は2回目、神秘国側が防衛し、機械国側から自国のNPCを護る番です。
プレイヤー主催とはいえ、大規模戦闘です。
前回あまりの処理の重さに自分がヒールしているのか、すでに死んでいるのかわからなかった経験から、思い切って設定をかえてみました。

突救看護班としては、
ヒール一つせずに死んでたなんて間抜けなお役に立てない状態は回避しなければいけません。
そんなわけで、
画面サイズを800x600に、画質もできるだけ低く設定。
これで戦場に向かいます。
補足しますと今回使用したものは、突撃救急気球(フラングドアイム行)です。

突撃準備

画面せまあああああっ!チャット欄隠れてるよおおおっ!!
視野は若干せまいながらも活動には支障はないと思われます。
これで、前回以上に救命活動がスムーズにいくはずです。

フラングドに到着。ここはレベル40~59の防衛拠点となります。
開始直前にたくさんの人数が駆けつけ、次々とにわかPTが組まれていきます。
ありがたいことに私もすぐにPTに入れてもらうことができました。
今回はMP枯れるまでヒール覚悟です。

せ、せまい

なんか……PT組んだらもっとせまいいいい(;;
視野の狭さに不安を覚えつつ、今回はヒール/キュアに専念しようと計画します。
……って、PT仲間のHPゲージ、ほとんど見えないんですけど……
なぜかPTのHPゲージが右隅になります。
ドラッグできるかと試行錯誤してみるも甲斐はありませんでした。
画面配置のリセットができないものなのか、今後調べる必要があるようです。


まもなく、侵入者が北から近づいてきているという先遣隊からの叫び。
早速そちらに駆けつけます。
とつげきー

侵入者発見です。
おかげさまで、この状態でもスキルは使えます。
ここまでして動かなければどうしようもないよ……

できるだけ、陰に隠れるようにヒールをします。
HPが減っている人を見かけるたびにヒールしていきます。

いろいろな情報の叫びが飛び交い、各拠点の状況も叫びで聞こえます。
主催者側からの実況中継もいい感じで、
緊迫感やドキドキ感も増していきます。
(主催者側の戦場レポートがほんとにいい雰囲気なので、
楽しくなってきます)

今回はさすが防衛、なかなかみなさん奮闘されています。
わたしも負けずにヒールせねば。

と思えば……
きたあああ

まっずううう……(><
相手も戦力を整えてから突撃してきたのでしょうか。
このあと、一斉に4,5個ほど状態異常を受けて死亡。
20秒程度耐えて、逃げましたが殺されてしまいました。
前回の「ヒールがでないまま死んでしまう」よりもかなりの改善です。
なんどか押し引きしているうちに時間が過ぎていきます。


フラングドアイムは北・東・南の合流地点にある拠点です。
3方向から攻め込まれるのですが、
北にあらわれたと思って、そちらに駆けつけようとすると
東から敵が突然現れる……など、かく乱されてしまい、
かなりNPCを倒されてしまいました。
他のレベル帯の方々には、不甲斐なく申し訳ありません。

護るべきNPCもマシン攻撃+スキル連打で即死してしまうようで、
ハイドされてNPCに近づかれ、現れたときには
もう殺されているということが多かったように思われます。

っていうか、NPC……攻撃受けたからって全員でおいかけていくなああ(;;
せっかく護ろうとしている方々が仲間意識強く、むやみに走って行ってしまいます。
なんとかならないものでしょうか。

今回感じたことは、
相手側が連携をとっているのか、独自で動いて結果このようになったのか分かりませんが、3方向からのかく乱への対応。
それと、ハイドを見破る方法。
この辺りが大切なような気がします。
今後本格的な対戦になってくると
ギルド単位、PT単位での連携が必要になってくるのでしょうか……。

最後に。
おわったあ

戦い終わって、戦士たちの残像がいくつも残っています。
亡霊のようで気持ちのいい光景ではありません。
関連記事
【ネットゲーム】ネオスチーム・初代突撃救命看護班の想い出断片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<必死で挨拶返せない | HOME | 班員第1号の件>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。